From.

君と同じ時代に生まれてきた 僕らはツイてる

32歳のあなたへ

増田貴久さん、お誕生日おめでとうございます!!

 

32歳ですね…

32歳!?

はぁぁ、信じられない。

だってあんな天使な32歳いない。←


f:id:aimass:20180704211820j:imagef:id:aimass:20180704211752j:image

全然変わらないんですけど。

大人っぽくはなった。

でも、基本的な部分は変わっていないの。

 

優しくて、オシャレで、少し頑固で、綺麗好きで、笑顔が素敵で、餃子が好きで。

そんなまっすーが大好きです。

 

私は増田さんの何もかも包み込むような丸い歌声が好き。

ラップで出てくる尖った声も好きだけど、あの丸い声は増田さんにしかない素敵な声。

 

それから、 その丸い声からは想像できないほどゴツゴツとした男らしい手と、しっかりした喉仏。

厚みもあって、4人の中でダントツゴツゴツとした、あの感触は今でも忘れられない。

 

それから何より、そのハートが好き。

増田さんは自分に決して妥協しない。

アイドル・増田貴久をしっかりと持っている。

その強さを何度か見てきたけれど、やっぱり好きだな。

でも、たまには甘えてほしいところもあるよ。

無理ばかりしてないか、少し心配。

 

 

これからもずっとずっと、増田さんの歌声を聞かせてね。

それから有岡さんとも仲良くしてね。

 

てずてってとって そばにいるからね。

 

f:id:aimass:20180704213849j:image


好き、大好き。

今思うことを素直に書いてみたいと思います。

 個人的な思考のため、随所に客観性に欠ける点があることをお許しください。

ただし、他者と比べる意図はございません。

 

大好きなグループ。

出会ってから12年以上、いろいろなことがあった。

悲しい思いもした。辛い思いもした。

でも、それ以上に幸せをもらっている。

 

 小山さん。

4人になったとき、リーダーとして立ち上がってくれた。

ファンに向けて一番に「今までもこれからもずっとNEWS」だとメッセージをくれた。

 どんなときもファンとメンバーのため、優しい言葉をくれた。

 

加藤さん。

NEWSを残すために、小説を書いてアピールしてくれた。

4人になって一番に結果を出してくれた。

いつもメンバーのサポートをしてくれた。

 

周りにどんなに悪く言われようと、2人のことは長く見てきたから、 よく知ってる。

 ファンのため、NEWSのため、ここまでしてきてくれたことは消えないから。

 

ただ、その一方で今回のことは本当に残念で仕方ない。

信頼していた2人だから、裏切られた気持ちもある。

15周年控えたこの時期に。

幸せにする、もう二度と泣かさない、裏切ったりしない。

そう言ったのに。

どうして。

特にNEWSを信じて仕事をくださった関係者の方々には本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。

 

なので、2人にはしっかりと反省してもらいたい。

軽率な行動、人との付き合い方を見直して、また私たちに笑顔を見せてほしい。

大好きだから。

信じてるから。

待ってるから。

 

信頼回復は、厳しい道のりになる。

失ったものを取り戻すのは簡単なことではない。

でも、それでも。

逃げないから。

一緒に頑張るから。

だから、どうか諦めないで。

 

必ず4人と、素敵なファンとで、幸せになろうね。

有岡大貴くんの好きなとこ27


27歳になる有岡大貴くんの好きなところ27。

 1. うるうるでまん丸な黒目なとこ

f:id:aimass:20170214040255j:image

有岡くんって、黒目の割合が多くて、まんまるなんだよね。

そしてすぐうるむ、その目に弱い。

 

2. かすれがちな声なとこ

f:id:aimass:20170214040634j:image

有岡くんの声はどこか切ないかすれ声。

甘くも切なくもなれるその声が好き。

 

3.がむしゃらなダンスなとこ
f:id:aimass:20170403230831j:image

いつも一生懸命で人一倍大きく動く有岡くん。

小さい身長を思わせない、がむしゃらなダンスが好き。

 

4.JUMPの真ん中っ子なとこ
f:id:aimass:20170403233026j:image

9人の誕生日を並べると90年生まれと93年生まれが4人ずつ(学年は別れるが)で、有岡くんは真ん中の91年生まれ。

本人も言っている通りの「橋渡し役」ポジション。

それを楽しみながら、満喫している有岡くんが好き。

同い年ってのも個人的ポイント←

 

5. Hey! Say! BESTの末っ子なとこ
f:id:aimass:20170403232934j:image

 Hey! Say! JUMPのお兄さんチーム、Hey! Say! BEST。

5人になると一番の末っ子。

お兄ちゃんたちが弟をかわいがってる感があって、好き。

でも、いざとなるとみんなに頼りにされる有岡大貴力の素晴らしさ。

 

6.山田くんといると双子みたいなとこ
f:id:aimass:20170403234218j:image

身長もやることも似てる2人。まるでチップとデール

いい意味で年齢差を感じさせない。

 

7.知念くんにはお兄ちゃんっぽさ出したくなるとこ
f:id:aimass:20170404214832j:image

有岡くんがお兄ちゃんらしくなる人、その1。

唯一の同期。

ついつい抱きしめてるから、抱き枕だと思ってるのかな?

 

8.裕翔くんに憧れてるとこ
f:id:aimass:20170405112009j:image

年は下だけれど、かっこいい言葉を使う裕翔くんに憧れる有岡くん。

2人でいると大型犬と小型犬に見える。

 

9.圭人くんとのんびりしてるとこ
f:id:aimass:20170405112521j:image

 有岡くんがお兄ちゃんらしくなる人、その2。

2人がプライベートで観覧車乗った現場をどうにか映像化していただきたい←

 

10.高木くんとおバカしてるとこ
f:id:aimass:20170405112741j:image

初心者クイズでボケあったり、ボケきれずに正解して大笑いしたり。

2人の全然違う声が聞けるJUMP da ベイベーが癒しです。

 

11.伊野尾くんとふざけてるとこ
f:id:aimass:20170405112913j:image

いつでもどこでもふざけあえるいのあり劇場。

お互いに全然変わらないと言い合って、いつまででも一緒にいてほしい。好き。

 

12.光くんと姉弟みたいなとこ
f:id:aimass:20180401194048j:image

 ジュニアの頃からの付き合いな2人。

フロリダに行ったときは久しぶりに2人部屋で過ごしたらしい。

光くんお世話してくれたのかな。

 

13.薮くんのことを尊敬してるとこ

 f:id:aimass:20180414081827j:image

知識が豊富な薮さんのことを尊敬している有岡さんと、有岡さんを推してくれる薮さん。

今では薮ちゃんと呼ぶ関係性も好き。

 

14. 増田さんと仲良しなとこ

 f:id:aimass:20180414184421j:image
ご飯行ったり、服をプレゼントしたり、スニーカー紹介し合ったり、仲良し兄弟な2人。
顔は似てないんだけど、系統が同じで好き。

  

15. 自分の誕生日が好きなとこ

 f:id:aimass:20180414184438j:image

4月15日、よいこの日。

エマ・ワトソンレオナルド・ダ・ヴィンチと同じ誕生日。

ディズニーランドオープン日。

そうやって言うところも有岡大貴。

 

16.オムライス好きなとこ

 f:id:aimass:20180414221935j:image

実はオムライスではなくオムライスに入っていたウィンナーが好き説もあるけど、オム岡ライ貴を名乗るほどのオムライス好きがかわいい。

 

17.否定しないとこ

f:id:aimass:20180414221544j:image

 何事も否定しない。必ずその意見を受け止めた上で発言をするとこが好き。

 

18.音楽好きなとこ

f:id:aimass:20180414201737j:image

 洋楽中心に音楽が好きで、そのプレイリストをベイジャンで教えてくれるとこが好き。

 

19.オシャレなとこ

 f:id:aimass:20180414220939j:image

 スニーカーにこだわりがあって、私服もめちゃくちゃ高い!みたいに見せず、さらりと着こなすところが好き。

あとパーカーめっちゃ似合う。

 

20.頭のいいとこ

 f:id:aimass:20180414221026j:image

頭の回転が速くて、今何を求められてるのかすぐに把握してる。

それが有岡大貴クオリティ。

 

21.優しいとこ

 f:id:aimass:20180414221249j:image

誰に対しても思いやりがあって、人に優しいところが好き。

ファンへの思いやりも好き。

 

22.ディズニー好きなとこ
f:id:aimass:20180414190625j:image

ふとしたときにキャラクターに詳しいとこ、見ててほんとに好き。

 キャラ的にはドナルドに似てますよね。

 

23.もぐもぐ食べるとこ

 f:id:aimass:20180414190300j:image

お口いっぱいでしゃべれないこともあるけど、おいしそうに食べてるとこが好き。

 

24.大きな口を開けて笑うとこ
f:id:aimass:20180414190005j:image

絵に描いたように笑う顔。

そして笑うと目を細めるところも好き。

 

25.千葉が好きなとこ

 f:id:aimass:20180414185359j:image

千葉のことは気合いが入る有岡さん。

bayFMも千葉の放送局だし、チーム千葉で誇りを持ってるところが好き。

 

26.犬みたいなとこ

 f:id:aimass:20180414185840j:image

人懐っこくてかわいらしい。

伊野尾さんと猫が特集になるなら、有岡さんと犬も特集してほしいくらい。

 

27.「有岡大貴」でいてくれるとこ


f:id:aimass:20180414202326j:imagef:id:aimass:20180414202456j:image
f:id:aimass:20180414203023j:imagef:id:aimass:20180414202946j:image

 有岡さんってどのシーンも必ず「有岡大貴」。

「有岡大貴」の金太郎飴なんです←例え方

どんな「有岡大貴」を見せてくれるのか、とても楽しみになる。

 

 

有岡くん、お誕生日おめでとう。

これからも応援させてね。

あなたは、永遠に

今回はももいろクローバーZの緑こと有安杏果ちゃんについてのお話。

かなり個人的な思い出をつらつらと語ってます。

しかも長いです。

少しだけどNEWSも関係してるので、タグ失礼します。

 

ちなみに今回本人は「卒業」と言っている。

ただ、グループから離脱する以上、「脱退」だと思うのでこのブログでは「脱退」と書かせていただく部分があります。

 

このブログでは簡単に書いたことがあるのだけれど。

私とももいろクローバーZの出会いは2012年。

奇しくもNEWSから2人が脱退発表した後、チャンカパーナのリリースまでの期間にあった。

当時のNEWSはほぼグループとしての活動がなく、それぞれのラジオが一番の情報源だった。

その時にメンバーの手越祐也が頻繁に口ずさんでいたメロディがあった。

「我らはアイドル 週末ヒロインももクロ

ももクロというものを見た目も声も知らず、ただこのフレーズだけを聴いた時、何という曲だと思った。

あまりに気になるので検索してみた。

出てきたのは「Z伝説~終わりなき革命~」、これまた何というタイトルだと思った。

女性アイドルの曲に見えなかった。

手越さんはラジオではハイテンションな状態で歌っていたため、本当はどんな曲なんだろうと思い、動画を再生させた。

 

 [

 

衝撃を受けた。

なんなんだ、これは。女性アイドルなのか?戦隊ものなのか?

気付いたときには、もう一度再生ボタンを3回押していた。

 

「Z伝説~終わりなき革命~」は、ももクロの青であったあかりん(早見あかりちゃん)が脱退したあと、2011年に5人で初めてリリースしたシングル。

5人の自己紹介ソングであり、東日本大震災を受けてのももクロなりの応援ソングでもあった。

 

このPVでは戦隊もの風なメンバーカラー衣装と、 


f:id:aimass:20180119082633j:imagef:id:aimass:20180121022115j:image

私服風衣装と2パターンある。

f:id:aimass:20180119082530j:imagef:id:aimass:20180121022128j:image


初めて見たときは、イマイチこれが同じ子たちだと繋がらなかった。

それくらい戦隊もの風衣装はインパクトがあった。

 その中でも、私が推しを決めたのはこの瞬間。
f:id:aimass:20180121022320j:image

しおりん(玉井詩織ちゃん・黄色)とあーりん(佐々木彩夏ちゃん・ピンク)の後ろからひょこっと顔を出す杏果。

なぜここだったのかはわからない。

でもどうしてもこの瞬間、杏果が気になって仕方なかったのだ。

 

つまり私はももクロでは生粋の杏果推し。

もちろん他の4人も好きだけど、推しは杏果しかいないのだ。

 

そんなことでももクロを知った私。 

何となく知ったものの、ライブが主な活動である彼女たちをテレビで見ることは少なく、ひたすらYouTubeで動画を漁る日々。

 

そんなとき、バイトの友人がモノノフ(ももクロファン)であったことを知り、さらに国立競技場でのライブが決定。 

これは行くしか!

でもいきなり現地はハードルが高い…

その結果ライブビューイングに行くことに。

ジャニーズではあまり馴染みのないライブビューイングは、ライブの生中継を映画館で見られる。

現地のチケットは取れなかったけど見たい、遠征できないから地元で見たいなどにこたえてくれるもの。

これがももクロのライブへの第1歩。

 

国立競技場初日。

 ももクロを知って2年弱。

ひたすらYouTubeでいろんな動画を見ていたものの、ちゃんとライブを見るのは初めて。

ドキドキしながら映画館へ。

もちろんライブは素敵で、5人のきらきらした笑顔が見られた。

帰りに写真を購入。

ももクロの写真は、ランダムに5枚入っていてたまにサイン入りやコメント付きのものがある。

 そこで出てきたのがこちら。
f:id:aimass:20180122200142j:image

杏果のサイン入り写真。

 そもそもサイン入り自体レアなのに、杏果のもので。

勝手にではあるけど、運命だと思った。

(これ以降写真たくさん購入したけど、サイン入りは2枚だけ。)

 

このライブの約1ヶ月後。

ももクロのファンクラブ(Angel Eyes、通称AE)限定ライブが西武ドームで開催されることを知り、ジャニーズでもしたことがない遠征を決め、AEに入会。

知り合いもいないまま夜行バスで西武ドームへ。

 行ってみれば私服の人はほぼ見当たらず、みんなツアーグッズやメンバーカラーグッズ、はたまた衣装を自作して着てくる人ばかり。

もちろんジャニーズでもいるけれど、比率がすごい。

しかも、派手。

はじめは私服でいたけれど、あまりにカラーがすごいので、こっそりリュックに忍ばせていたZ伝説の衣装に着替え、集合写真に参加。
f:id:aimass:20180209080631j:image

ね、派手でしょ?

この日はファンクラブイベントだから、ファンクラブ限定の白いベレー帽をかぶっているのですが、みんなこんな感じです。

 

記念すべきライブ初参加。

席は全然近くなかったけど、そんなの関係なくてみんなでコールしたり、フリコピしたり大盛り上がり。

 

もっとこの空間を楽しみたいけれど、ライブは関東が中心。

周りのモノノフは友人1人だけ。

と思っていたとき、Facebookで関西のモノノフの集まりがあることを知った。

すぐにコンタクトを取り、そのままオフ会へ。

私がこんなに行動できたのはこの時と去年参加した圭人くんのお誕生日会くらいです。

 

そんなこんなで関東のライブは遠征し、関西のライブはほぼ欠かさず参加したり、モノノフ同士でライブ並に盛り上がるももクロカラオケ通称ももカラをしたり…気付けば4年近くが経っていた。

 

2018年1月15日。

 仕事が休みで予定もなかった私が、ふとTwitterをのぞくとトレンドに「有安杏果」の文字。

何か胸騒ぎがしてその文字を押すと、「卒業」「引退」…

 

嘘だと思った。

嘘だと言ってほしかった。

 

でもどこか納得するところもあった。

 

実は2017年12月20日、大阪で行われたももクロのライブの際、私はトロッコの乗り降りする場所のすぐ横でメンバーとかなり近かった。

どのメンバーも乗り降りする時間の間にこちらを見てくれて、手を振ってくれたり指さしてくれたりした。

しかし、杏果はあまりそれをしなかった。

普段なら私たちに近付くためにしゃがんでくれる杏果が。

違和感があった。

いつもならそんなことはなかったから。

辞めることを公表していない杏果は緑を着ている私たちを見るのがつらかったのでは、と思えば合点がいく。

まぁ、勝手な思いかも知れないけれど。

 

そして、引退の理由は「普通の女の子になりたい」。

メンバーも言ってたが、それを止めることはできない、杏果の人生だから。

0歳から芸能界で生きてきた杏果にとって、「普通の女の子」でいた時間はほぼない。

だから「普通の女の子に戻りたい」ではなく、「普通の女の子になりたい」という理由。

 

自担グループの脱退から約6年の時を経て、また推しの脱退に立ち会うことになろうとは全く予想していなくて。

今でも5人で笑っているような気がして仕方ない。

でも、もう杏果はステージの上には、テレビの中には、ブログの向こうにはいない。

それならせめて、どうか幸せになってほしい。

 

もうすぐ3月15日。

有安杏果は23歳になる。

その日、オフィシャルブログは閉鎖を向かえる。

杏果は本当に私たちの前から姿を消す。

その前にどうしてもこの思いを書いておきたかった。

これが杏果の目に入るかはわからない。

エゴサーチの常習犯なので、見つけるかも知れないけれど)

でも、どうか私の中で気持ちの整理をつけるため、長々ブログを書いた。

 

 

小さくて頑張りやで、遠慮深くて気遣いで、「歌もダンスも誰にも負けない」有安杏果が私はずっと大好きだ。

こどもを気遣う言葉をかけたり、身長の小さな人に向けたライブを考えたり、ファンの大量のコメントを全部読んで自分で集計したり。

いつもいつもモノノフを思ってくれて、本当にありがとう。

どうか、幸せな人生を送ってください。

大好きだよ、ありがとう。

 

P.S.

もしも戻りたくなったらまた帰ってきてね。

 

今更ながらの自己紹介バトン

突然ですが、じゃにーずおたく自己紹介ばとんやってみた。

 

【名前】

みぃ

由来は、本名のあだ名から

 

【今の担当は?(複数可)】
名前:増田貴久、有岡大貴
好きなところ:かわいくて、かっこいいところ


担当になったきっかけ:増田さんはNEWS表紙のMyojoで、笑顔がかわいいなと思ったのがきっかけでガチバカを見て、好きになる。

有岡くんは某動画サイトで、少クラプレミアムの総集編でNEWSのあとに出てきたのがHey! Say! JUMPで、気付いたら有岡くんしか見てなかった

 

【いつからジャニヲタ?(きっかけも是非)】

野ブタ。入りなので2005年年末

【担当遍歴】

野ブタ。山下さん→ガチバカ増田さん気になる→脱退で増田さん一本→突如有岡さん気になる→担当増えた

 

【好きなシンメorコンビ(への思いも是非)】

そりゃもちろんありますの兄弟っぽさ。

それからひかけとの兄弟感。

あれ、どっちも兄弟だ…

でも、いのあり、シゲマス、ありやま、などなど好きなコンビはたくさんあります。

 

【1番心に残ってる現場】

 集まれ !!!!チャンカパーナ4部

4人で復活したライブの翌日、イベントに。

わちゃわちゃ話してるのも、早押しクイズしてるのも、歌ってるのもすごく楽しそうで。

さらには握手してくれて…(ただの接触と言われたらそれまでですが…)

あんな経験はもうないと思う。

 

【初めて行った現場】

NEWS Concert Tour 2007

3月11日1部

 

【最近行った現場】Dear. 1月1日1部

 

【次行く現場】

NEWS NEVERLAND 大阪

 

【記憶に残ってるファンサ】

Dear. の初日の2部名古屋、スタンドでトロッコが来たとき、薮さん、知念ちゃん、光さんの順番で来てて、反対が山田さん伊野尾さんだったので、うちわを置いて片手にペンライト、片手フリー状態。

ぼーっと「薮さん、細いなぁ、きれいなぁ」と見ながら手を振っていたら、知念ちゃんが手を振ってくれました。

人生初ファンサでした。

 

【1番好きなペンライト】

NEWS

幸福魂の□♡▽○モチーフペンラ

JUMP 

JUMPing CARnivalの四角いペンラ

 

あれ、両方四角いモチーフだな…

【1番好きな衣装】

NEWS 

 LIVE!LIVE!LIVE!と美しい恋にするよで着てたメンバーカラーのスパンコール衣装

JUMP

JUMPing CARnival我INYのチェック衣装

 

【よく買う雑誌】

wink upかな?

 伝言板が好き。

 

【この映像は見て欲しい!というオススメ】

NEWSのWhite

真っ白で始まった世界が最後に7色で終わる綺麗な物語

 

【ジャニヲタになる前の趣味は?】

今もだけど、ミュージカル、演劇、ディズニー。

【最近気になっている子】

知念ちゃんにどうしてもガチなダンス舞台やってほしい。

セクゾはちらほら気になるかなー

 

こんな感じかな。

久しぶりにあげたブログがこれって内容薄すぎか…

またそのうち書きます←

 

 

 

 

少年倶楽部プレミアム

お久しぶりです。
誰も待ってないとは思いますが、じゃんぷのカウコン、カルテット大阪レポ、あげそびれております。
もういいですね、はい。

6月15日。
それは突然の出来事。
まさか関ジャニ∞がゲストだと知らなかった。
そして皆さんおっしゃっているように、じゃんぷの時と同じような一部メンバーのみ出演だと思った。
まさかの全員で、そこには錦戸亮の存在があるわけで。

脱退の件はあたしの中で、未だに治りきらないかさぶたのようにまだ傷として残っている。
あの衝撃は今思い出しても胸が痛くなる。
今さら恨みとか後悔とかはないけれど。

のっけからぶっ込まれる「元同僚」ネタ。
NEWSが4人体制で「動き出してから」4年。
やっと両者笑える関係になれたのかな、と勝手な推測。

慶ちゃんはJr.としての歴はかなり後輩ながら、同い年で人柄もあって、「亮ちゃん」って呼べる関係。
それでも自然と空気読む人。

手越さんはダントツの後輩、年も下。
始めは「錦戸くん」としか呼べなかったけど、距離を縮めたくて「亮くん」に変更。
人柄とハートの強さ。

シゲは4人の中では割とご飯とか連れて行ってもらってた関係ながらいまだ「錦戸くん」呼び。
ちょっとひかけと感ある、と思う。

まっすーは。
大好きなんだよね、「錦戸くん」のことが。
「僕、昔からそうでしたよね?」とか自ら話に行くところ好きだよ。

ほんとに、いつか9人で集まって、「あの時はこうでさ」「そんなこともあったよね」なんて気兼ねなく話せる関係になってくれたら。

増田貴久と有岡大貴

タイトルは言わずもがな、担当のお2人。
2人を見ていると、仲がよくてまるで兄弟のように見えてくるので、改めて2人について考えてみた。

あ、あくまでも個人の感想です。
f:id:aimass:20151125024648j:image
ご了承ください。

共通点その1
マスコット感
f:id:aimass:20151125025328j:imagef:id:aimass:20151125025201j:image
2人とも、グループでエースとなるイケメンポジションではない。(後述するが、イケメンではある)
エースといえばNEWSなら手越さんだし、じゃんぷなら山田くん。
でもファンやメンバーはもちろん、番組の共演者やスタッフさんからも、「まっすー」「大ちゃん」と呼ばれ、可愛がられるキャラクター。
グループの顔ではないけれど、グループのマスコットになれる2人。
とてとて歩く姿もまるでマスコット。

共通点その2
童顔&笑顔
f:id:aimass:20151125162258j:imagef:id:aimass:20151125162349j:image
年齢確認される増田貴久29歳と、年下のメンバーの後輩役になる有岡大貴24歳。
実年齢より若く見られることの多い2人。
そして、眩しくなるほどの笑顔。
顔は全然違うのに同じオーラを感じる。
少しだけ違うとすれば、イメージは有岡くんは太陽で、増田さんは向日葵。
メンバーカラーがオレンジと黄色だからかな。

共通点その3
音楽とダンス好き
f:id:aimass:20151126150516j:imagef:id:aimass:20151126150504j:image
アイドルで歌を歌うことが職業なのだから、音楽やダンスが好きじゃないわけはないのだけれど、特に2人には音楽好きを感じる。
たとえば、ライブでも振り付けが自由なところで、誰も取らないような裏拍を取ってたり、リズムを大事にしてたりするところ。
音楽があればつい体が動いてしまうんじゃないかな。
自分のラジオでも洋楽から邦楽までいろいろかけていて、普段聞いている曲を教えてくれるところも好き。

共通点その4
たまに見せるかっこよさ、イケメンさ
f:id:aimass:20151127000328j:imagef:id:aimass:20151127000346j:image
普段テレビでは可愛いをメインにしている(と思う)2人。
しかし、ライブになると可愛いだけではなく、悶えるようなかっこよさを出してくる。
可愛い曲のポコポンペコーリャやChau#とRemedyやReloadは全く違う魅せ方をしてくれる。
これがたまらなくかっこいい。



もちろん似ているところばかりじゃないけれど、2人が仲良くしていることが嬉しい!
以前、増田担の有岡くん好き率が高いと聞いたことがあるので、もっともっと仲良くしてほしい。

カウコンで見たい夢の2ショット、増田さんと有岡くんと書くつもりでしたが、じゃんぷは大阪なので対象外と…
夢の2ショットは幻のまま。
いつか2人がお揃いの衣装で歌い踊る姿が見たい。